忍者ブログ
人は一生に一度胸おどる旅にでる
りゅうたま公式ブログ
2015年に発売された『りゅうたま英語版』こと『Ryuutama』が 、この一年のベストTRPG作品を決める賞「ENnies Awards」にノミネートされました!

「Best Art, Cover」(表紙イラスト)部門
「Best Family Game」(家族向けゲーム)部門
にの2部門にノミネートされました。

投票はこちらからできます。応援よろしくお願いします!
(部門を選んで、賞に一番ふさわしいと思う作品に「1」を、次に「2」を、と順に投票できます。知らない作品には投票しなくても大丈夫です。最後に「Vote!」をクリック)




2007年12月に日本で発売されたファンタジーTRPG『りゅうたま』は、たくさんのユーザーのみなさまに遊び続けてもらえて、現在はフランス語版、英語版、スペイン語版と世界で販売中です。日本では「マンガ図書館Z」さんで無料公開中の電子書籍版も、閲覧数4万を越えました。

 
本当にありがとうございます。制作スタッフを代表して厚くお礼申し上げます。

その『りゅうたま』がアメリカの「ENnies Awards」という賞にノミネートされました。それは一体何ぞや?? という方も多いと思うので簡単に解説を。以下は英語版担当Andy.Kからの情報です。
 
「ENnies Awards」とはTRPG作品(とTRPG関連グッズ)の賞です。毎年8月にアメリカのインディアナポリスで開催される世界最大のTRPGイベント「GENCON(ジェンコン)」で授賞式が開催されます。賞には様々な部門があり、一般ユーザーからの投票によって部門ごとの受賞作品が決まります。
 
2014年「GENCON」でのENnies Awards授賞式の様子がYoutubeにありますので、こちらもどうぞ。かなり本格的な授賞式です。
 
世界最大のTRPGコンベンション「GENCON」この数万人規模の巨大コンベンションがいかなる由来によって誕生したかは、柳田さんと桂さんが翻訳したばかりの書籍『最初のRPGを作った男ゲイリー・ガイギャックス』を読んでみてください。めっちゃ面白いよ!(ダイマ)
 
「ENnies Awards」は選考プロセスの透明性が高く、ユーザー目線の賞として尊敬されています。審査の偏りを無くすために、審査員も毎年投票で新しく選出されます。デザイナー、編集者、一般ユーザー、Youtuber、などなどTRPGを愛するあらゆる人が審査員に立候補しています。
 
2016年「ENnies Awards」の対象となるTRPG作品は2015年5月から2016の4月までに発売されたものです。(グッズなども含む約280作品)審査員は全ての作品に目を通して、部門ごとにノミネートを決めます。
 
『りゅうたま』がノミネートされたのは「Best Art, Cover」(表紙イラスト)部門と「Best Family Game」(家族向けゲーム)部門の2つ。ノミネートされただけでもスゴイ! とAndy.Kは興奮していました。もし『りゅうたま』が賞を取れば、日本発のTRPG作品として初の快挙となります!


「ENnies Awards」の投票はインターネットから誰でも行うことができます。投票ページはこちら
 
日本からも投票することができますので、ぜひ『りゅうたま』に一票をよろしくお願いします。もしかすると奇跡が起こるかもしれません。もちろん他の素晴らしい作品にも投票をぜひ!
 
投票の仕方は、賞に一番ふさわしいと思う作品に「1」を、次にふさわしいと思う作品に「2」を……といった感じで投票します。1つのタイトルだけに「1」を投票して終えることも可能です。投票は日本時間の7月21日頃まで受け付けていますが、期間が短いので忘れる前に今すぐGO!
 
Best Art系の部門は、英語が読めなくてもリンク先のイラストを見るだけで楽しめると思います。ちなみに「Best Art, Cover」部門のりゅうたまのライバルは、D&DシナリオにPathfinderにクトゥルフ……ってライバル強すぎィ!!


ノミネート作品の中にはとんでもないモノも。「Best Aid/Accessory」部門の「Adventure Scents」(冒険の匂い)はヤバイです。「古代図書館」「竜の洞窟」「魔法の森」の匂いなど、TRPGのセッションに使える「匂い」グッズ!! どういうモノが届くのか大変興味深い。
 
それから英語版担当のAndy.Kから「Enniesにノミネートのお祝いに、年末までりゅうたま英語版と限定版を日本国内に、送料500円でお売りします! 電子版も無料で付けます!」とのこと。英語版オリジナルシナリオやデザインが気になる方はぜひこの機会に。
 
そして実は、日本語版りゅうたまルールブックについても「紙の本」の形でお買い求め頂けるように準備を進めております。こちらもどうぞお楽しみに。
それではここまで読んで下さって本当にありがとうございました!
8/5の「ENnies Awards」授賞式後に結果を報告したいと思います。

岡田篤宏
(本記事はツイッターの投稿をまとめたものです)
 
 
PR
「りゅうたま」英語版pdfが
世界最大のRPG電子書籍販売サイト「DriveThruRPG」にて販売中!
本番アメリカで、D&Dやシャドウランと並んで「りゅうたま」が売られているなんて、感動ですね!

英語版は本文もフルカラーで、近日中に豪華ハードカバー版も書店にて販売予定です。


スペイン語版もクラウドファンディングにてプロジェクト進行中!
すでに目標金額の2,500ユーロは達成している模様で、発売はほぼ確実。
来年はポルトガル語版も準備中とのこと。

岡田篤宏

   皆さんこんにちは。今回の記事はサブイラストレーターの水坂斗幸がお送りいたします。

りゅうたまフランス語版が昨年10月より現在好評発売中です。
ブログでのご連絡が大変遅くなりまして、申し訳ありません。
日本では東京神田にあるテーブルトークカフェDaydreamで購入することが可能です。フランス語ならではの美しい本となっております。また、本にはフランス語版オリジナルのマスタースクリーンとこれまたオリジナルの追加クラスがついています。

そして、なんと遠くアメリカの地ではりゅうたま英語版の制作が着々と進行中です!

・英語版サイト
http://kotohi.com/ryuutama/

・キックスターターキャンペーンサイト
https://www.kickstarter.com/projects/diamondsutra/ryuutama-natural-fantasy-role-playing-game

英語版はキックスターターでキャンペーンを展開し、2,056人の支援者と目標を大きく上回る$97,960が集まりました。(現在は受付終了)
海外でこんなにもたくさんの方がりゅうたまを応援して下さっているのがとても嬉しいです。

このキャンペーンのために書き下ろした2枚のイラストをブログでも公開いたします。

■りゅうたまマーケット
    
















キャンペーンの告知用に描いたりゅうたまのルールブックを売るマーチャントです。りゅうたまらしい世界観をお伝えしたいと思い、お客さんには様々なクラスのキャラクターを配置しました。
そして、WEB版では縮小されて見えなくなっていますが、本のそばにはダイスも売っています。
 














りゅうたまですのでd4からd12まで各種取り揃えていますよ(笑)


そして、蒼竜が通路の影からそっと様子を見つめています。
こちらの蒼竜はりゅうたまサプリメント 2nd passport ~街と世界を巡る旅~p49に描いた竜人です。実はこのキャラクターは同本の表紙にも登場していますが、どこだか分りますか? ヒントは橋の下、屋根の上です。イラストと同じく側に猫がいますので、探してみてください。


■ヒーラーのルルティア 

一定額以上の支援者にはキャラクターのピンナップをプレゼントするのですが、その見本絵です。
かつて私がプレイしたヒーラーのルルティアというキャラクターです。りゅうたまのクラスイラストでは一目でそのキャラクターのクラスが分かるように心掛けているので、彼女もハーブボトルを携帯し、花を観察しています。


りゅうたま英語版の情報については、今後もブログやメルマガなので発信していきたいと思います。発売中のフランス語版、Jコミで公開中の日本語版も宜しくお願いいたします。


水坂斗幸

「Jコミ」での『りゅうたま』基本ルールブックPDFの無料配信が始まりました。
場所はこちらです。
http://www.j-comi.jp/book/comic/43101

こちらの赤松先生のブログでも取り上げて頂いております。
http://d.hatena.ne.jp/KenAkamatsu/20120727
Jコミ運営チームと赤松健先生に多大なる感謝! です。
 

本屋さんを探していたけど見つからなかった!
電子データが欲しいけど自炊をためらっていた!
なんとなく知っていて中身が気になっていた!

などなどの方、お待たせしました。
ぜひダウンロードして遊んでみてください。

PDF版は紙版をスキャンした画像データではありません。
フォントデータを埋め込んで作成していますので
どれだけ拡大しても文字が非常に滑らかに美しく見えます。
これでスマートフォンなどの小さいディスプレイでも
ルールを確認しやすいと思います。
もちろん全文検索可能です。

逆にイラストは全体のファイルサイズを抑えるために
解像度が若干低めになっています。
イラスト中にある手書き文字はちょっと読みにくいので、
ここはぜひ紙版を持っている人に見せてもらって下さい。

紙版にあった巻末付録のシート類は
公式ブログ内で全てダウンロードできるので
こちらは削除しています。
(DTPデザイナーの小林真合子さんが「あとがき」で書いている
 「四つ葉のクローバー」もシート類の中にあったので一緒に消えています……。
 探してしまった方ゴメンナサイ)


ちなみに気になる
紙版からの本文の修正・変更点は……

■公式ブログに掲載されたエラッタの反映
(Q&Aの内容も一部反映されています)

■アイテムの「盾」と「旅人の服」のデータはサプリメント1準拠
旅人の服を高品質にしても防護点は付かず、
盾は攻撃を回避するときだけイニシアティブを固定の値にすることができます。

ほか細かい変更点として
■以下の魔法の説明に文章を追加・変更
《ラウンド・リフレクション》
モンスターの特殊攻撃と魔法のダメージに対する防護点を3点得る。

《ラック・ラック・ラック》
イニシアティブとコンディション以外のあらゆるチェックを振り直すことができる。

《フユノネムリ》
眠っている者への攻撃は1ゾロ以外でヒットし、1点以上のダメージを受けると即座に眠りから覚める。

■「コンディション・チェック」に以下の文章を追加
徹夜のペナルティ
 夜を徹して目的地に急ぐ場合など、眠ることができなかった状況では朝の[コンディション・チェック]は行わず、現在の【コンディション】の値を半分(端数切り捨て)にします。この結果、値が2以下になった場合は「絶不調」となります。値が0になった場合は死亡します。

・「絶不調」に以下の文章を追加
ただし、能力値が下がらない状態異常を選ぶことはできません。例えば【敏捷】が4のキャラクターは【大ケガ】を選ぶことはできません。

■モノクロページの冒頭に「本書の読み方」を追加
端数の処理や括弧の意味についての注釈があります。

修正・変更点は以上です。

ちなみに今後のシリーズ展開によっては
(例えば有料版電子書籍の販売などで)
無料版の配布停止もありえますので、ダウンロードはお早めに~!

岡田篤宏

今日は驚くべきニュースです。
りゅうたまスタッフ一同、
いまだに信じられないような気持ちでいっぱいなのですが・・・・・・

フランスにて
フランス語版『りゅうたま』ルールブックの発売が決定しました!

フランス語版は、現地のTRPG制作メーカーの
Lapin marteau社 http://lapinmarteau.com/
により翻訳され、書籍として書店に並びます。

日本のTRPGがフランス語翻訳されて発売されるのは
フランス史上初だそうです。

発売は今年の9月下旬を予定。

フランス語版サンプル画像

イラストやデザインは日本語版そのままのつくりで、
予約特典にフランスの有名RPGデザイナーたちが書き下ろした
シナリオ集がつくそうです。
フランス人デザイナーが作ったりゅうたまのシナリオ・・・・・・
ものすごく気になりますね!

りゅうたま専用マスタースクリーンも発売するとのことで、
関連グッズに関しては日本より充実しそうです。
こちらはオリジナルデザインになりそうで、実物が見られるのが非常に楽しみ。

ちなみにフランス語版りゅうたまルールブックは、届き次第
東京のテーブルトークカフェDaydreamにて少部数のみ販売予定です。
日本での取り扱いは(たぶん)ここだけ。
お土産に、フランス語教材にぜひどうぞ!


そして、もうひとつのニュース。
こちらは国内のことです。

長らく絶版になっていた「りゅうたま」の基本ルールブック。
ネット通販のAmazonの中古コーナーでは
ここ最近は定価の倍近い値段が続いています……。

ですが、
このたび電子書籍として「りゅうたま」基本ルールブックを
無料公開することに決定しました! 内容は書籍版ルールブックそのままで、
エラッタを全て反映した特別バージョンです。
永盛綾子先生の美しいカラーイラストページも、もちろん全部あります。

公開されるサイトは、
絶版コミックの無料公開で有名な
「Jコミ」様 http://www.j-comi.jp/
です。

すでに文庫TRPGの名作「ベルファール魔法学園」が公開されていますが、
そちらに続く形になります。

公開は、もうすぐ!
7/27(金)を予定しています。あっという間です。

今回の電子書籍版と公式ブログの各種シートのDLページを併用すれば、
りゅうたまを完璧に遊ぶことができます!
ぜひみなさんダウンロードして読んで、遊んでみてくださいね。


というわけで、りゅうたま2大ニュースでした。
フランス語版やJコミ無料公開の裏話を
今後もりゅうたま公式ブログで書いていきますので、どうぞお楽しみに。

岡田篤宏

いつも「りゅうたま」遊んで下さってありがとうございます。

この度、りゅうたま公式ブログのデザインを
リニューアルしました!

これまで、ブラウザによってはレイアウトが崩れることが多々あったのですが、
今回のリニューアルでおおむね改善できたかと思います。
これからも、りゅうたま公式ブログをどうぞよろしくお願いします。


りゅうたまをプレイするのに必要な各種シート類、そして
「プレイヤー向けサマリー」のダウンロードはこちらから!
http://ryu0tama.blog.shinobi.jp/Entry/82/
12/10(土)発売の『Role & Roll vol.87』掲載の
りゅうたま記事は、いよいよ登場の
10レベルパーティ用の「伝説の旅」シナリオです!


■「伝説の旅 はるかなる故郷」シナリオ概要

世界の様々な秘境や魔境を旅した10レベルの旅人たち。
彼らの前に、ひとりの年老いた竜人が現れます。
竜人は、故郷である「とこしえの都ウェルヌス・ウェントス」へと
連れて行って欲しい、と旅人たちに頼みます。
その都の名は伝説にのみ残っており、
未だ何人も踏み入れたことのない幻の都といわれています。

旅人たちは海を渡り、都へとたどり着きます。
都は、かつて巨人族が作り上げた桁違いに広大な城塞都市で、
旅人たちは市街や城内を「旅歩きルール」で踏破することになります。

竜人が目指すのは都市中心部にある城郭の最上階。
伝説となった都に埋もれた秘密とは……?

 

今回のブログ記事では、紙面の都合で掲載できなかった
「とこしえの都ウェルヌス・ウェントス マップのつながりチャート」が
ダウンロード可能です。セッションの際に、ぜひご利用ください。


ダウンロード(pdf)

そして、2008年1月発売の『Role & Roll vol.40』から続いてきた
「りゅうたま」記事の連載も、これにて最終回となります。
約4年間に渡る長らくの応援、本当にありがとうございました!

今後はwebを中心にサポートを続けていきますので、
これからもどうぞ「りゅうたま」をよろしくお願いいたします。


ブログ内検索

りゅうたまラインナップ
  • ミンストレル
  • マーチャント
  • ハンター
  • ヒーラー
  • ファーマー
  • クラフト
  • ノーブル

(C)2007-2015 Atsuhiro Okada all right reserved
忍者ブログ [PR]