忍者ブログ
人は一生に一度胸おどる旅にでる
りゅうたま公式ブログ

● 『りゅうたま』の いきものたち② ●

『りゅうたま』の世界にはどんな生き物がいるのでしょう?

たとえば、「ネコゴブリン」。
名前に「ゴブリン」とついていますが、ゴブリン族とは異なる、独自種族です。
外見は、身長130センチほどの直立歩行するネコ。
頭に壷を乗せているのと、語尾が「ゴブニャ」というのが特徴です。
怠惰で気まぐれ、好奇心旺盛で享楽的というネコに似た性格をもっていますが、
その戦闘能力は人間を軽く凌駕しています。

そして、『りゅうたま』の世界には「斬馬(ざんま)」という魚がいます。
しかし、魚といってもネコゴブリンのエサにはなりません。
なぜかというと、この斬馬……
流線型の刀のような形をしており、成長すると7~8メートルにもなる巨大魚
だからです。
旬である秋は、脂がのっていて非常においしいのですが、鋭利なヒレで
大型生物の体を切り裂き、そのを吸う性質もある危険な生き物でもあります。

また、『りゅうたま』世界には不思議な生き物も存在します。
それは「あるくたまご」です。
文字通り、世界中を歩いて旅しているという、手足を持った不思議なたまご。
外見は、人間そっくりの手足が生えてい30センチくらいのたまごです。
この「あるくたまご」が一体何のたまごなのか、孵化すると何が生まれるのかなど
全てがに包まれた存在で、それを確かめようとしている学者も多いようです。

こういった独特の生き物たちに出会えるのも、旅の醍醐味のひとつと言えるでしょう。


【りゅうたまとは?】一覧表>

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索

りゅうたまラインナップ
  • ミンストレル
  • マーチャント
  • ハンター
  • ヒーラー
  • ファーマー
  • クラフト
  • ノーブル

(C)2007-2015 Atsuhiro Okada all right reserved
忍者ブログ [PR]