忍者ブログ
人は一生に一度胸おどる旅にでる
りゅうたま公式ブログ

皆さま明けましておめでとうございます。上野です。
色々あって、なかなかブログかけませんでした。ごめんなさい。

以前に時期が来たらお話するといったのですが、そろそろかな。

この話をするかどうか、そうとう悩みました。
そのせいで時間が経ってしまったのですが。


実は、私がGMでリプレイを収録しているところなんです。
でも、出版社様から打診があったわけではありません。
あくまで自主的なものです。

でも、プロのGMと言っても過言じゃない岡田さんのリプレイに勝るとも劣らない物なんて、
ヘタレGMの私にできるわけがない。
でも、そんなヘタレだからこそ、できるものがあるんじゃないのかな?

・・・なんだか同じような悩みをどこかのリプレイで見た気がしますが。
私の大好きなあのシリーズを書いたあの先生みたいだ(笑)

でも、私は本当にGMが下手です。謙遜でもなんでもなく、本当に。
シナリオを矛盾なく作るのが、本当に苦手で。
特にNPCの行動が不自然になったり。

けれどうまくできる方法があるんです。

以前に「NPC活用術」として触れましたが、
これを発展させた方法として「マルチロールプレイセッション」(以下マルチロールセッション)というのを編み出しました。
これならうまくできるので、GMがうまくできないとお悩みの方にもお勧めです。
具体的にどんなセッションになるか、リプレイにしてマルチロールセッションを広めたい!

マルチロールセッションはGMが本当に楽なんです。
プレイヤーは様々なキャラクターを演じることができるんです。
例えば平和な村に住むファーマー一家。そして最近死んだおじいちゃん。村に派遣された神官。
そして宮廷会議に召集された将軍、宰相、宮廷魔術師、大司教。
現場の一般兵卒までも演じることになります。

これはロールプレイ重視のセッションスタイル。
詳しくは次回で。
 

PR

あけましておめでとうございます。
りゅうたま制作チームリーダーの岡田篤宏です。

みなさま、年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか?
連休中にTRPGを遊んだ方も多かったのではないでしょうか。

僕の勤めているテーブルトークカフェは年末30日まで営業、
1月2日から営業だったので、
仕事柄ではありますが、僕もたくさんTRPGを楽しむことが出来ました。

大晦日には、まだ未定の次回サプリのテストプレイなんかも行っていました。
沸き立つような面白いシステムに仕上げますので、どうぞご期待ください!

さて、
いよいよ明日金曜日は、新製品
『りゅうたま 1st passport ~馬車と帆船に揺られる旅~』
の発売です!!



旅のバリエーションを広げる「馬車」や「帆船」のルールとデータ、そして
これまでの旅歩きルールをより盛り上げるためのデータが入っています。

特に帆船による「船旅ルール」は
「旅歩きルール」以上に、まったりしているようでスリリングなルールに
仕上がっています。
お気に入りの帆船を改造しながら、ぜひ船旅を楽しんで下さい。

執筆中、僕が一番楽しかったのは「幻想風景」というルールの箇所。
これは、プレイヤーキャラクターの旅の目的地や
即興でシナリオ内に配置することができる、風景資料集です。

この風景のデータ、重要な部分が「空欄」になっていて、
セッションの参加者で自由に設定することができます。

例えば……
58b848ad.JPG








こんなデータが各地形ごとに合計36個用意されています。

空欄は、シリアスに設定するもよし!
ウケを狙うもよし!(←岡田は主にコチラを考ている)

デザイナーの予想を遙かに超える「幻想風景」を
あなたの手でぜひ創り出して下さい!

岡田篤宏
 

こんばんは、上野です。
最近、りゅうたまをやっていないので、ネタ尽きました(笑)
いやいや、そんなことを言ってはダメですね。
私は物事を隠せない方なので
「今こんなことやってます!」「こんなことがありました!」
とか言いたいんですが、さすがに岡田さんの目が怖いので言えません・・・(´・ω・`)ショボーン

・・・うん、これがそうなんですね。

何をひとりで納得しているかというと、りゅうたまの世界がなぜ”たまご”か、です。
正確に言うならば、「なぜ世界観に関して公式設定がないのか」です。

公式設定で「りゅうたまの世界には○○大陸というのがあり、××という国があり・・・」と決めたくないというのが当初からの岡田さんの意見でした。
岡田さんは自由に設定できない、GMの自由の無さに歯がゆい思いをしていたようで、ソードワールド(2.0にあらず)ではファーランドをよく使っていたそうです。

そんなわけで公式設定がないんですね。
私的には1つや2つの公式設定があっても嬉しいんですけど、
それはRoll&Rollで公開されている「月刊りゅうたま街ガイド」とかを見ればよいのかもしれませんね。
バックナンバーが手に入らないという方は、リプレイで6人が旅している世界も世界創造シートなどが公開されているので、それらを活用するのはどうでしょう?
でも、デザイナーとしては、
「自分達で旅したい世界を、風景を、街道を、みんなで作って欲しい」
というのが意図なんでしょうけど。
だから”たまご”みたいです。


というわけで、私も岡田さんの目が怖くないよう、情報公開の自由を~~~~~~!(涙)
皆さま、こんばんは。上野です。
リプレイ情報から離れてしまいますが、折角の話なので書かせてもらいました。

先日、浅草にあるお酉様に行ってきました。
最終日で土曜日だったので、とても混んでいて、神社の境内に入るのに1時間くらい並びました。
ちょっとした初詣みたいなかんじ?(笑)

岡田さんに代わってリプレイが沢山売れますように、と神様にお願いしてきました(笑)
ちゃんと岡田さんの分のお賽銭も投げたので、多分大丈夫でしょう(?)

で、名物(?)の熊手を岡田さんにプレゼントすべく、物色してきました。
”りゅうたま”なので、それっぽいものを・・・と考えていたら、写真のものを見つけました。



ネコかぁ。
ネコゴブリンぽくないけど、まあ、ネコならいいかな、と思って購入。

ネコの後ろには「生活向上」「目標達成」と書かれた紙があります。
目標達成!
岡田さんの目標知らないけど、目標が達成しますように!(謎)
皆さまこんばんは、上野でございます。

はぁぁぁぁぁ~~~~(溜息)

・・・初っ端から大変失礼いたしました。
いえ、大変羨ましいんです。
発売中のリプレイを読んでいて

「ああ、GMじゃなくて、プレイヤーがやりたいなぁ」

と思ってしまったわけです。
お店ではGMばっかりですからね。
誰か立卓してくれないかなぁ・・・とか、ちょっと思ったり。
コンベンションとかも良いのですが、近場でりゅうたまをやっていそうな所が見つかりません。

うむぅ・・・・。

ああ、それと。
もう一つ、願望がありまして。

「プレイヤーに岡田さんを入れて、あのNPC活用術を試してみたいんだけどなぁ・・・」

とか。
1度テストプレイの時にやったんですが・・・まあ、なんというか、リプレイに登場するNPCのレベッカの前身的なキャラクターだった記憶があります。
マーチャントでエキゾチックな女性で。 しかも名前が「レベッカ」(笑)
残念ながらダサいものではなくて、匂うものを持っていました。

ちなみに、その時のシナリオでは
「温泉の村に出没するノゾキを捕まえると、それは育ての母(人間)を捜すネコゴブリン。
胸にネコのタトゥを持つ育ての母はどこへ行った?!」
というシナリオでした。
ネコゴブリンのイラストを見て、可愛く思えちゃったので、そんなシナリオが出来てしまいました。
ちなみに、現在はコネコゴブリンと紹介されているイラスト、実はネコゴブリンとして描かれたもので、後にコネコゴブリンという種族が誕生しました。
なので、その時のシナリオではネコゴブリンを使っていました。
今やるなら、間違いなくコネコゴブリンですね。

あ・・・3日のりゅうたまセッション、そのシナリオでもやろうかな。。。。
皆さん、初めまして。上野広子と申します。
ピン! と来た方はルールブックを隅から隅まで読んでいるツワモノですね。
ワタクシ一応、名前が載っております。

改めて、自己紹介いたします。
りゅうたまチームリーダーの岡田さんが社長をしている『テーブルトークカフェDaydream』のパートのおばちゃんこと上野広子です。
お店でたまに、りゅうたまGMしてます。
私のセッションは即興セッションです。
岡田さんや松川さんとは違うタイプですね。
たまにシナリオ作りますが、ほとんどが即興です。

”即興”と聞いて不安になられる方、多いのではありませんか?
「シナリオ作ってないの?」
そう疑問を持たれるのも仕方がないことです。
普通、テーブルトークはGMがシナリオを作ってきて、遊ぶ物ですから。

でも、りゅうたまは”即興”でできるだけの支援があるのです。

その秘密は、徐々に明かしていくことにしましょう。
今日はご挨拶まで。
今後ともよろしくお願いいたします。

JGC2008にて実施したアンケートの回答結果です。
プレイヤー編とGM編があるのですが、
まだまだGM経験者は少数の様子。
りゅうたまGMの楽しさをもっともっと広めていく必要がありそうですね!


「りゅうたまアンケート JGC2008 8/22~8/24にて実施」

■プレイヤー編(PL経験のある方のみご記入下さい)
りゅうたまのプレイヤーをやっていて、一番楽しいポイントは?

・キャラクターの演出を多めにでき、町を作って楽しかったこと
・キャラ設定をつくることと、そのキャラのロールプレイ
・ほのぼのしている点
・街の設定が予想以上に後にひびいた点。
・街づくりシートとか日誌が楽しい。
・戦闘時にオブジェクトを使ったロールプレイがたのしい。
・皆で作れる世界♪ が楽しい。
・プレイヤーとGM双方でシナリオが作られていく雰囲気
・ネコゴブリンが可愛かった
・集中ルールがありがたい
・サポートのおかげで自分の得意分野以外でも何かできるのがうれしい
・ちゃんと旅をしている雰囲気や皆と協力して色々できること
・ロールプレイもたくさんできて楽しかった
・貧乏旅行感がなつかしい。
・はちゃめちゃな「旅に出た理由」を考えるのが楽しいです!
・それを前提に生きていくので、とてもコミカルで素敵な旅になりました!
・街の中身や戦闘時のオブジェクトを決めるところ。
・自分で世界を作ってる感じ。"
・街づくり(人によってどう街がころぶか、それをどうつなげるか、PL、GM共に腕のみせどころだと思う)
・街づくり

 分かりにくいルールや、遊びにくいポイントは?

・世界に入り込むためのテンションの入れ方
・命中率や食料、水関連
・ヒーラーで治療をあてにして、回復魔法を取らなかった事で
 ハーブ入手失敗が続き回復不能のヒーラーになってしまいました(笑)
・旅歩きはけっこう厳しい……。
・キャラクターシート(タイプの所とHP、MPの所)I
・物語とキャラクターの旅の理由をからめにくい。
・ダイスの種類が多い(持ってないのがある……かも? って人がいそう。
 マスターが多めに用意するのが吉ですね)
・持ち物の持ち換え時のサイズ上限の管理
・シート上で持ちかえがわかりやすくできたらいいな
・演出面が要求されるので、数字ゲームから移行すると、とまどう
・アイテム価格修正のx0.8がくり返されると計算が大変
・場所に合わせたオブジェクト表とかあるといいかも
・アイテムとサイズの管理がちょっと分かりづらい

■ゲームマスター編(GM経験のある方のみご記入下さい)
りゅうたまのゲームマスターをやっていて、一番楽しいポイントは?

・日常ネタが楽しい。
・皆でつくれる世界♪
・あとMAPが目の前で自分の予想のななめ上を行くとき

分かりにくいルールや、遊びにくいポイントは?

・キャラ作成関連をまとめたサマリーが欲しい。
・次のサプリメントで解決?


■ その他、りゅうたまルールブック、文庫リプレイ、Role&Roll記事などへの
ご意見ご感想等ありましたらご記入下さい。

・文庫リプレイはとても読んでいて楽しいので、次巻の発売楽しみにしています。
 サプリメント等にある世界設定に期待してます。
・サプリ楽しみです。
・街づくりが最高!
・オブジェクトも使い方考えるのがたのしい
・プレイヤーがお客さんにならないのがイイ!!
・ルールブック持ってないです。でも買って帰ります!!
・GMやってみます。
・リプレイ長く続くといいな! 楽しみにしております!
・ただ街道を歩くだけが、こんなにも大変だなんて……。
・ワールドガイド作ってほしいです(R&Rにのった分だけでも)
・おとなしい街からハジケた街まで、ワールドパーツ集とかあるといいかも。
 「地域」レベルのマップ有りとか。

ブログ内検索

りゅうたまラインナップ
  • ミンストレル
  • マーチャント
  • ハンター
  • ヒーラー
  • ファーマー
  • クラフト
  • ノーブル

(C)2007-2015 Atsuhiro Okada all right reserved
忍者ブログ [PR]