忍者ブログ
人は一生に一度胸おどる旅にでる
りゅうたま公式ブログ

お待たせしました!
今回はJGC二日目夜と三日目のセッションのレポートを一緒に掲載します。
(シナリオのあらすじと幻想風景のデータは前回までの記事を参照)

■9/4(土) 夜セッション

<パーティーメンバー>

クロー
ナヴィゲーター/テクニック/20歳/女
褐色の肌を大胆に見せた服とミニスカートの姐御肌の船長。昔は白雪娘と呼ばれるような箱入りお嬢様だったらしいが、海に憧れて旅立ってからは、今はまるで海賊のようになった。オレンジエールという酒を愛飲している。

ライズ
ハンター/マジック(夏)/15歳/男
森が広がる地域で狩人をしていたが、行方不明の父を捜して旅立った。父の残したジャングルブーツを船の上でも履いている。なにかと判定に失敗しがちで、よく船長に怒られている。良いコンビ?

リョウ
クラフト(コック)/アタック/21歳/男
青を基調とした清潔な服を身にまとったコック。マッチョな体で食材を追い求める。交易のためにあちこちの港を行き交っていた商船団の中で生まれたが、「夢のフルコース」を作るために旅に出た。

イミナ
ミンストレル/マジック/13歳/男
和風の島国出身の少年。和風ミンストレルなので楽器はつづみ。嵐で遭難したところを拾われ、以来故郷を探しながら旅をしている。激しい航海の中で響き渡るつづみの音に癒されたり、気が抜けたりする者続出。

バルバロッサ・ブルーシール(赤ひげ)
ノーブル/アタック/27歳/男
海賊の国バッカニアで伯爵の地位を持つ名門貴族。仲間には海賊出身であることは黙っているが、にじみ出る風格が時折相手を圧倒する。先祖から伝わる懐中時計を持つ。

<帆船>
船名:オレンジエール
船長:クロー

<幻想風景>
1.意地の張り合い
2.伝説の食料 宝石魚・キングクラウンフィッシュ
3.ゴミ捨て

<日誌>
7/1
地形:外洋 天候:晴れ、暑い
船長がまた酒を飲んでいる。いい若い娘があんなことでいいものだろうか。酒を飲まず怒りっぽくなければ良い娘なのだが。今日はサザック・シェイクランスという有名な劇作家を拾った。
遭難してなお作品のことしか考えていないのは、凄いのか頭のネジが外れているのか、何とも言い様がない。

サザック・シェイクランスさんを拾う。漂流していた先生とユリゼンの町へ行く事に。
船長のテンションが上がりっぱなし。ライズと赤ひげが小舟で失敗、ショボ~ン。
ライズの失敗×3に船長の説教さくれつ

7/2
地形:外洋 天候:強風、曇り、霧
いままで経験したことのない天候だ。そんな中、2隻の船と遭遇。スケルトン船とゾンビ船。骨にくさった肉とかテンション下がる。どうせあるなら伝説の食材とか、なに!?宝石魚、キングクラウンフィッシュだと!? 皮や眼、骨は最高級の装飾品となり、その肉は大トロの脂、赤身の旨み、白身の味わいが一度におしよせるという!
うおおお~~!マジテンション上げってきた!ぜってえGetして調理して食べねぇとな!ライズ船長たちが海軍と海賊を諭すために海軍に出向いていった。
正直腐った連中の中には行かなくてほっとしている!!……でもスケルトンにいつ攻められるかなぁ(汗 どうやらトゥルーブラッドストーンという呪われた宝石が事の元凶らしい。

ああ、なんとか聞き出すことが出来たさ。でもそれはアタシが身をていして太っちょを引きとめていたおかげさ。それはともかく呪いの石のあるナイアガラの島へ行くために両船の盾になったと見せかけて相打たさせたさ。そのすきをねらって抜け出す事に成功したのさ。
ナイアガラの滝……その中にあるブラッドストーン。この宝石の呪いにアタシたちもまきこまれないといいがねぇ……。

7/3
地形:外洋 天候:強風
ナイアガラの島内にはいる。ここは魔境だ。陸地に上がっても、到底生きながらえることは出来ないだろう。一路トゥルーブラッドストーンを目指した我々の後から、幽霊船が追いかけてきた。ナイアガラに到達し、トゥルーブラッドストーンに到達した。
船長は、あの数奇なる宝石を砕いてしまった。幽霊船は消えていった。
私の先達の者も、きっと解放されたことだろう。死者に祈りを。そして仲間に乾杯を。


JGC二日目夜のセッションです。
まず、小さな字で記入欄びっしりに書かれた旅日誌にビックリです! セッションが終わった後「こんなに書いていたのか~」と驚きました。3時間ちょっとしかセッション時間がないのに、この書きっぷりは見事! しかも書き手は1人ずつ交代しながらなので、皆さんがこれだけ頑張ったということですね。素晴らしい~。幻想風景の設定で、海賊と海軍は「伝説の食材 宝石魚・キングクラウンフィッシュ」を取り合っていることになったのですが、コックのリョウがまさかここまで反応していたとは(笑) セッションでも皆さんキャラクターが非常に立っていましたが、日誌の中でも自己主張がバッチリ。
エンディングは非常に感動的にキマりましたが、日誌のラストも美しい!


■9/5(日)最終日セッション

<パーティーメンバー>

カフ・プレアデス
ノーブル/アタック/18歳/女
PCの船の船長を務める小国のお姫様。傾きかけた国を立て直すため、海軍で名を上げることを決意して船長となった。常に厳しい船長ありたいと努力しているが、まだ若いせいもあってなかなか上手くいかないでいる。威厳を出すために付けヒゲを付けているが……(女の子です)。

インテン・ソ・ロッソ
ミンストレル/マジック(夏)/23歳/男
潮風でパサパサになった銀髪、褐色の肌、赤い瞳の吟遊詩人。自分で納得のいく詩を作るために旅をしている。シニカルな言動が目立つが、影では若い船長を気遣う優しい面も。普段は船の舳先で新しい詩を考えている。

ムゲン・デュール
ナヴィゲーター/テクニック/25歳/男
沈んでしまった故郷の島の秘密を探して船乗りになった男。船の甲板で風を感じているベテランの船乗りだが、いかんせん装備が、きもい、ださい、中古のオンパレードなのであまり格好良くキマならい。

ゼル
ヒーラー/マジック(春)/65歳/男
薄汚れた白衣を着た老人の医者。酒好きでいつも酒瓶を抱えているが、これは医療用でもある。元は陸の町医者であったが、軍医としてスカウトされた。彼から見ればまだ若い船の仲間たちを大人としても見守っている。

マルコ
クラフト/テクニック/13歳/男
水色のスカーフを付け、オレンジのツンツンヘアーが特徴の船大工の少年。実は大工の師匠の元で修行中であったが、そこを逃げ出してきた半人前。早く船の仲間に認めてもらい、一人前になろうと必死に仕事をしている。


<帆船>
船名:夜明けのプレアデス号
船長:カフ・プレアデス

<幻想風景>
1.復活のための儀式
2.強力な磁石(しかし壊れている)
3.晴れの竜が顔を出す(勝敗が決まった時)

<日誌>
7/1
地形:外洋 天候:暑い
海は静かだった。海で人を助けた。
オレの手下ができた!
船はぜっ好ちょうだ!

7/2
地形:外洋 天候:強風、曇り、霧
視界不良、波高し。
二隻の亡霊船が争い続ける海に入っちまった。
ここから出るためにナイアガラ島へトゥルーブラッドストーンを取りに行く。

7/3
地形:大河 天候:暑い
この場所はとにかく暑い!流れも速い注意!
船は流れに負けずに進んでいる。ロッソは大河から音楽を得る。
トゥルーブラッドストーンは目の前だが、血の欲望は強い。
外ではバリスタの打ち合い、中ではマルコが宝石を打ちこわす。
この海にとらわれていた者は解放された。

7/4
地形:外洋 天候:暑い、強風
港への最後の航海。
天候に負けず、船は目的の港へ着いた。
サザックに船名を付けてもらう(PCが考えた)


強烈な個性を持ったPCが目白押し! のJGC最終日セッション。PCの年齢も13歳から65歳までいて、ある意味大家族的なバランスの取れたパーティです。最初は、キャラクター同士がまだ分かり合えていない状況を演出しつつも、航海と仲間の危機を通じて、見事に連携が生まれていきました。このセッションでは、カッコイイ台詞やシチュエーションがポンポン飛び出し、全員の見せ場がしっかり演出され「ホントに初顔合わせのメンバー?」と内心驚く状況で、まるでリプレイを収録しているかのようでした。録音しなかったのが勿体ない……!
そして、みんなが演技に集中していたせいか日誌は短い(笑)

====================================

JGC2010のりゅうたまイベントに参加して下さったみなさま、
本当にありがとうございました!
今回はJGC初となる船旅セッションでしたが、いかがだったでしょうか?
実は文庫リプレイの
『ゆるやかな風の王立海軍』シリーズ(公式サイト更新中!)
ともリンクしている設定で、
シナリオに登場したNPC自称天才劇作家サザック・シェイクランスは
11月1日発売の第2巻に登場します。
彼がどのように活躍するのか、乞うご期待!

それでは、今年も素晴らしいプレイヤーのみなさまに恵まれて、
新たな発見、新たな感動を得ることができました。
デザイナーとして、ゲームマスターとして本当に幸せです。
来年もまたJGCでお会いしましょう!

岡田篤宏

PR
 こんにちは、岡田篤宏です。
遅れて始まるJGC2010レポート、
今回は2日目昼セッションの参加キャラクターと旅日誌とコメントです。

■9/4土曜昼セッション

<パーティーメンバー>

ロザリア(ロザリー)
クラフト(料理)/テクニック/18歳/女
赤毛で、日焼けした肌のちっちゃな体の料理人。海辺の町出身で、父から受け継いだフライパンを手に、料理の腕を磨くため旅に出た。大きな料理を作るのが得意で、巨大な魚を探しているらしい。

リトゥン
ハンター/テクニック/16歳/女
マゼンダ色の短髪の少女。山奥の村出身の狩人で、海に旅に出た今も熊よけの鈴を肌身離さず持っているため、少々うるさい。黄金のウロコを持つ幻の魚を追っている。

セルシィ・マカライト
ナヴィゲーター/アタック/15歳/女
晴れた空のような青い瞳を持つ、これまたちっちゃな女の子。ユリゼン王国の名家の出身で、このPCの船の船長を務めるが、基本的にいつも寝ている。背の低さを誤魔化すため、人と話をするときはいつもタルの上に立つ。

ナタリィ・モルト
ヒーラー/マジック(夏)/23歳/女
のんびり屋で、大柄でぽっちゃりした文字通り癒し系の女性。花柄のエプロンを着けている。病人が多い土地出身で、どんな病も治すという「虹色の薬草」を探しているが、その薬草は「7つの首を持つ天候竜」が持っているらしい。

<帆船>
船名:-
船長:セルシィ・マカライト

<幻想風景>
「大血戦の海」(この設定はRole & Roll Vol.71に掲載されています)
数十年前に伝説の海賊団と無敵の海軍艦隊が激突した海域。
ここには帆船の残骸が無数に集まり、1日中海賊と海軍の亡霊たちが、戦いと(1)を繰り返しています。彼らの中に時の流れは無く、数十年前の勝敗を決するために延々と(2)を奪い合っているのです。迂闊にもこの海に迷い込んでしまった船は、永遠の戦いの中に巻き込まれてしまい、おそらく生きては出られないでしょう。ここを無事に抜け出すためには、亡霊たちの戦いが唯一止まるという(3)のタイミングを利用するしかないのです。

1.競泳 (戦いの締めに泳ぐ)
2.サンゴ礁 (ひときわ大きく美しいサンゴの森がゴール) 
3.スタートの合図 (大砲の合図)

<日誌>
7/1
地形:外洋 天候:暑い
ボートを拾ったら、ヘンな男が乗っていた。
ロザリーが言うには有名人らしい。
ユリゼンの王都にもどりたいだって? ま、いっか。
カモメの香草焼きはうまかった。

7/2
地形:外洋 天候:強風、曇り、霧
ロザリアちゃんの料理のおかげで私もセルシィちゃんもとても元気。でもリトゥンちゃんは良くねむれなかったみたいだわ。空の様子がおかしく成ったと思ったら亡霊たちがおそってきたの。
どうやら呪われた海域に入ってしまったみたい。
軍船に船長が話している内に海賊がたずねて仲間にさそって来たわ。
今日のごはんは少しざんねんだったわ。明日は期待しましょう。

7/3
地形:外洋 天候:曇り、霧
決戦の日。天気は良くないけど私の調子は絶好ちょー。
セルシィの提案で、相手の素材を使って作りあげた会心の料理「蘇るブタ焼き」
死んだ者でも生き返らせるような味になったわ! まさか本当に生き返るとは思わなかったけど……(汗)
なんとか情報を得た私たちだけど、これがまたけっこう危険な試練みたい。
それでも乗り越えないことには進めないわ。リトゥンの釣ってくれたおいしい魚を食べて頑張ろうっと。

7/4
地形大河: 天候:暑い、強風
ホネホネが追いかけてくる。はやく帰りたい。
ロザリーの応えんとサザックさんの歌のおかげで二回目は方向を見失わずにすんだ。
セルシィ船長が今日はすごい。ナタリーがコンパスを出してくれた。
岩場に着いたらなぜかグズグズ(ハモンド)がいた。コワイ
ホネホネ×3と戦うことになった。ロザリーが出汁~って叫んでた……。
変なハタが上がった……と思ったらホネホネがたおれた。
セルシィ船長つよい……。いいワインを手に入れた。サザックさんが何か書いてる……港はあっちだー!!
 
はい、JGC二日目の昼のセッションです。1日目のセッション後の深夜に食べに行った「揚州商人」のねぎラーメンが大変美味しかった! 美味しいという評判は聞いていましたが、行ったのは今年が初めてです。来年も行こう!
……さておき、今回のセッションのメンバーも変わり種です。PCは全員女の子! 昨日のセッションは男PCしかいなかったのに、この差は何なんでしょう(笑) しかも船長はパーティ最年少の15才。パーティがパーティだけに、何事をやるにもドタバタして、面白かったですね。
このセッションでは料理ネタが大活躍。ゾンビ海軍たちが出してくれた「腐りかけ?料理」の残り物を使ってコックのロザリーがクッキング。素晴らしいダイス目で料理が完成し、食べたゾンビ海軍たちが演出で生き返った!(笑) 料理ネタ大好きな岡田は大喜びでした。
ちなみにNPCのサザックは初回セッションではタダのダメな人だったんですが、今回からラストにちゃんとPCを手伝ってくれるようになりました。彼の好感度を上げるため、小さなシナリオの変更です(笑)

こんにちは、岡田篤宏です。
本日より(遅ればせながら)JGC2010で行われた
りゅうたま体験セッションのレポートをお送りします!

なんと、JGCのりゅうたまセッションで使ったシナリオは
本日発売の『Role & Roll vol.73』に掲載されています。
ぜひこちらと合わせてお楽しみ下さい!

■シナリオ「呪われし骨肉の海戦」あらすじ
 ユリゼンの王都から二日ほど離れた海域を気ままに旅しているPCたちの船。ある日、ボートで漂流していた天才劇作家サザックを拾います。彼の頼みを聞き、ユリゼン王都に向かう途中、船は幻想風景「大血戦の海」に迷い込んでしまいます。不死者となった海賊と海軍が永遠の戦いを続けるこの呪われた海を、PCたちは解き放つことができるでしょうか。

■JGC 9/3金曜夜セッション

<パーティーメンバー>

ニースト・ポパイ
ナヴィゲーター/テクニック26歳/男/
本船の船長。23才までニートをしていたが、3年前に覚醒して急成長。立派な船乗りとしての技術を身につけた。伊達の眼帯を掛けたやせぎすの男。今回の船旅の中で嫁を手に入れ、リア充に!?

アイオロス・ヴィヴァレッジ
ヒーラー/マジック(春)/17歳/男
武侠の街の医者学校出身の男。渋いしゃべり方でドスを持ち、顔に傷を負ったヤクザな外見ながら、意外とてんぱり屋という可愛い面も。お気に入りアイテムは「解体新書」

カルティエ
ミンストレル/マジック(冬)/13歳/男
雪山出身の少年。もふもふのマフラーがトレードマーク。暑さが苦手というが、真夏の暑い航海の中でもマフラーを手放さない、ある意味根性のある子供。

ナイアシン
クラフト(マント)/テクニック/17歳/男
巨人のような外見の大男のクラフト。マントづくりを専門分野としており、お気に入りアイテムはその時々によって色が変わるマント。大きなハサミを武器にしており、かなり怖い攻撃を繰り出す。

オクト
ハンター/アタック/16歳/男
伝説の「動く島」を根城にしていた海賊の子供だったが、どこかではぐれてしまい、海の迷子に。今は故郷を探して旅をしている。ヘタレだがイザという時は度胸をみせるという噂。

<帆船>
船名:スザンヌ号
船長:ニースト・ポパイ

<幻想風景>
「大血戦の海」
数十年前に伝説の海賊団と無敵の海軍艦隊が激突した海域。
ここには帆船の残骸が無数に集まり、1日中海賊と海軍の亡霊たちが、戦いと(1)を繰り返しています。彼らの中に時の流れは無く、数十年前の勝敗を決するために延々と(2)を奪い合っているのです。迂闊にもこの海に迷い込んでしまった船は、永遠の戦いの中に巻き込まれてしまい、おそらく生きては出られないでしょう。ここを無事に抜け出すためには、亡霊たちの戦いが唯一止まるという(3)のタイミングを利用するしかないのです。

1.(合唱)と結婚式
2.一人の美しい女性
3.夜明けと女性の出現

<日誌>
7/1
地形:外洋 天候:暑い
劇作家をひろう。それのせいで中破。いや、船長のミスだな。他はいつも通り。(ポパイ)

7/2
地形:外洋 天候:強風、曇り
・ダメな大人達のしょうもない伝説に遭遇。
・ポパイ船長がラチられる。←我々は船長の勇士を忘れない!
・勇敢な私(アイオロス)はカルティエ、ナイアシン、オクトを守って向こうの船員と会話。
・美人を救うことにした。ただし作戦は……
ゾンビ肉は意外とうまかった(アイオロス)

7/3
地形:外洋 天候:強風、暑い
・夜の間に準備して、夜明けに合唱で大決戦!
みんなの手助けでどうにか歌いきって、海賊に勝てたよ!
サザックさんも無事ユリゼンに送りとどけて、大団円ってヤツだね!(カルティエ)

ナイアシンが船を直してくれたから安心だったゼ。
カルティエの歌、心にひびいたゼ。
アイオロスのこまやかさにたすかったゼ
船長、船長の彼女とおしあわせになっ!!(オクト)

7/4
地形:大河 天候:強風、霧
船長がまたやっかいな事もってきたんだ。
トゥルーブラッドストーンを持ってこいとか……
どうなってんだ。オレたちは強いヤツにあいにいく。(オクト)

ライアンは強かったが、オレたちにはかなわないんだ。宝石があると争いを止めれるが、スザンヌもいなくなる。が、争いだけ止めてスザンヌと宝石両方Getだぜ。(オクト)

カルティエのがんばり、元ニート船長の無限の可能性、エア・リア充 サイコー。(オクト)

■GM岡田のコメント
JGC2010記念すべき第1回目のテーブルです。
キャラクターは全員男、ほとんど十代という異色パーティ。ある意味、史実のイギリス海軍船に近い(笑)
ちなみに、プレイヤーのみなさんの頑張りにより、
探索や戦闘ナシに物語を歌で解決できたため、
セッションが予定よりも1時間半早く終わりました(笑)
あまりにも展開が綺麗に進んだので、これはこれでアリ!
幽霊船を相手に「夜明けの合唱対決」は本当に美しいシーンになりました。
ちなみに、残った1時間で第2話となるセッションを行いました。。
途中で経験値をもらってレベルアップがあり、プチキャンペーン風味の卓となりました。

「幻想風景」の完成度は他のどの卓より高かったかも!?
美女を取り合い、彼女との結婚式を繰り返している海賊と海軍に、
岡田は限りないロマンを感じました。

 

「ゆるやかな風の王立海軍 第2巻」
発売日が11月1日(月)に決定しました。
こちらがそのカバーイラストです!

f2375f56.jpg















サブタイトルには「月光の妖精」とあります。
この二つ名は、
元海賊のおばちゃんPCルルディ・エスカラータのもの。
ということは、この表紙の美少女は……!?

本編をどうぞお楽しみに!

今回もカバーの裏側には
彗先生の手による大パノラマイラストがありますので、お見逃し無く。

他にも、見開きページの「人物相関図」や
「コネコゴブリン海兵隊5人勢揃いの図」など、見所いっぱいです!

発売の11月まであと1ヶ月ほど。今しばらくお待ち下さい。

「ゆるやかな風の王立海軍 公式サイト」も要チェック!
ご無沙汰しております。岡田です。
9月の3、4、5日と3日間に渡って開催された
アナログゲームのイベント「JGC2010」にゲスト参加してきました!

今年もりゅうたま体験卓にて
4回ほどGMを担当しました。

JGCでりゅうたまセッションを始めて
今年で4年目!
まだ『りゅうたま ルールブック』が発売前だった
2007年の9月から参加していたんですね。
会場の横浜プリンスホテルの間取りにも、もうすっかり慣れてしまった感じです(笑)

りゅうたま目当ての熱心なファンのお客様や
体験の機会を待っていた初参加のお客様、
リプレイの熱烈なファンのお客様などなど、
今年もたくさんの素晴らしい参加者の皆様に恵まれました。
本当にありがとうございました!

毎年恒例のセッションレポートは
プレイヤーさんが持ち回りで書いて下さった旅日誌とともに
アップしますので、いましばらくお待ち下さい。

ちなみに今回のシナリオは海が舞台!
『Role&Roll vol.69』に掲載された「ユリゼン王立海軍キャンペーンセッティング」
を使ったセッションです。

また、
JGC会場でも掲示されていた
『りゅうたまリプレイ ゆるやかな風の王立海軍 第2巻』
についての情報も公開していきますのでお楽しみに!

岡田篤宏
りゅうたまリプレイ『ゆるやかな風の王立海軍』の
製品版カバーが到着しました。こちらです!

13d6c6d7.jpg















りゅうたま伝統の飾り枠もバッチリあります。
書店ではこちらが目印!

「ゆるやかな風の王立海軍 公式サイト」も随時更新中です。
プレイヤーキャラクターたちが乗り込んでいる帆船
「クィーン・グレイス号」の詳細な断面図を公開中です。
りゅうたま新刊がなかなか出ないとお嘆きのファンのみなさま、
長らくお待たせしました。
ついに、新しいリプレイの発売が決定しました!

タイトルは
『ゆるやかな風の王立海軍』
今度の旅の舞台は海! 船旅の物語です。

昨日発売されたアナログゲーム専門誌『Role&Roll vol.67』では
2ページに渡って新リプレイの魅力を紹介しています。
http://www.arclight.co.jp/r_r/index.html

ジャイブの「月刊コミックラッシュ公式ブログ」では
カバーイラストも公開されました!
http://comicrush.anisen.tv/e200363.html


そして「ゆるやかな風の王立海軍」公式サイトもプレオープン!
http://ryutama.mints.ne.jp/replay/grace/
このサイトでは世界観や登場キャラクターなどを
イラストを交えて紹介予定!
4/19(月)より更新開始です。ご期待ください。
ブログ内検索

りゅうたまラインナップ
  • ミンストレル
  • マーチャント
  • ハンター
  • ヒーラー
  • ファーマー
  • クラフト
  • ノーブル

(C)2007-2015 Atsuhiro Okada all right reserved
忍者ブログ [PR]