忍者ブログ
人は一生に一度胸おどる旅にでる
りゅうたま公式ブログ

12月15日(日)待ちに待ったりゅうたまの発売記念日です。

プレイヤーの皆さんが「りゅうたま」のルールブックを持った状態でのセッションは
自分ももちろん初めてで、内心ニヤニヤしっぱなしのセッションでした。


今回の旅人たちは…
ブレイボ(21歳、男 ファーマー/アタック)
村で育てる新たな作物の苗を求めて旅に出た筋肉ムキムキの好青年

シエラ(18歳、女 ヒーラー/テクニック)
白馬の王子様を探している、夢見る少女

ルキア(21歳、女 マーチャント/マジック〔秋〕)
香辛料の吐息を吐くという竜を探しに旅に出た女商人

セロ(15歳、男 ハンター/アタック)
故郷でいじめられて、強くなるために旅に出たネガティブ少年

ターマ(自称16歳、女 ミンストレル/マジック〔春〕)
幻の吟遊詩人集団“朝を告げる者”を追いかけているアイドル系踊り子

の5人。

旅人たちを見守る竜人は、
子犬のように落ち着きのない蒼竜の少女・リンネ
性格そのままに子犬に変身することができます。

そうして、りゅうたまの世界を生きる旅人と、旅人を見守る竜人が生まれ、
セッションが始まります。

今回のシナリオの大まかな流れは
「旅人たちが温泉街に着くと、街中の温泉が止まっていた。
 旅人たちは、温泉の源泉まで行って温泉が止まった原因を
 突き止めて欲しいと依頼される」

というものでした。

そして今回の旅の舞台となる街は「湯の街ユヘル」。
温泉が名物の小さな街です。

この街をPLとGMが相談しながら「街づくり」を行い、
世界にたった一つの街が出来上がっていきます。

今回のシナリオでGMはりゅうたまのセールスポイントである
「旅と季節」を感じられるような温泉旅行を楽しんでもらおう
と思っていたのですが、街作りの結果…

「かつて温泉宿の一つで入浴剤(フロストーン―水を40度に温められるアイテム)
 を使っていた」
「“温泉の恋人”というお菓子が作られていたが、何らかの偽装問題が発覚した」
「当時の観光協会会長が偽装を指示しており、内部告発をしたのは会長の娘であった」
「そのせいで世間から忘れ去られ、今では幻の秘湯扱いされている」

という、何とも怪しげな街になりました(笑)

この設定のせいか、街の人たちの言動も、依頼人である観光協会の会長も
かなり怪しいように見えていたようです。

プレイヤーの一人からは「途中まで観光協会会長がシナリオのボスかと思っていた」
と言われてしまいました。

依頼を受けた旅人たちは、源泉のある岩場“地獄谷”に向かい、
吹き出してくる高熱の蒸気や強烈な硫黄の匂いに悩まされつつも
何とか源泉を止めていた原因を排除し、ユヘルの温泉を復活させることに成功しました!

そして、旅人たちは意気揚々とユヘルに戻りますが、そこで旅人を待っていたのは…!?

この後待っているエンディングは、皆さんが自分達で遊んで確かめてみてください。


このシナリオはのちほど当ブログにてダウンロードできるようになる予定です。
お楽しみに!
 

初めてのルールブックを使ったセッションということで、だいぶ緊張し、
至らない点もあったと思いますが、PLの皆さんのおかげでとても楽しい
セッションになりました。

PLの皆さん、ほんとうにお疲れ様でした。
そして発売記念セッションに参加していただきありがとうございました!

これからも「りゅうたま」をよろしくお願いします。

(松川)

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索

りゅうたまラインナップ
  • ミンストレル
  • マーチャント
  • ハンター
  • ヒーラー
  • ファーマー
  • クラフト
  • ノーブル

(C)2007-2015 Atsuhiro Okada all right reserved
忍者ブログ [PR]