忍者ブログ
人は一生に一度胸おどる旅にでる
りゅうたま公式ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは、イラストレーターの永盛です。
今回は、りゅうたまの看板キャラ的モンスターであるネコゴブリンの話を
しようかなと思います。


以前に↑こちらの記事でネコゴブリンのラフ絵を掲載した事がありますが、
あの話はそこで終わりでなくて続きがありました。
初期の時点ではネコゴブについてああいうラフ絵を描いていたものの、
これを岡田さんに見せた所「ちょっと可愛すぎて、こいつが敵として登場した時に
倒しちゃったりできない気がしますねえ」というご意見をもらいました。
そこで、可愛くない方向へ進化させてみたラフ第2弾が下の画像です。

画像ファイル "http://file.ryu0tama.blog.shinobi.jp/4f595f16.jpeg" は壊れているため、表示できませんでした。

こうして一度は「2枚目の方で行きましょう」という展開に決定した、
はずだったのですが。
岡田さんから聞いた話によると、テストプレイ等でネコゴブが出て来るたびに
自然と可愛い方へ転がって行ってしまい、ますます倒せないモンスターに…。
という流れがあり、とうとう解決策として「ネコゴブには可愛いのと
そんなに可愛くないのと二種類がいます」という形で落ち着いたようです。
かくして、1枚目の方のラフも没バージョンにならずに済みました。
正式版では、2枚目の方がネコゴブリン・1枚目の方がコネコゴブリンという
別の種族なのだという扱いになっています。
(ルールブックでは、127ページに両方のイラストが載っています)

ところで二枚目のラフの方に、「猫人間っぽいキャラというのは
割といろいろなゲームや漫画などで存在するので、ネコゴブにしかない
トレードマークがあるといいと思う」みたいな意図の事が書いてあります。
ここから「ネコゴブは頭に壷を乗せている」という設定が作られたのですが、
乗せる物が『壷』に決まるまでも、けっこう紆余曲折があったりしました。
それについてはまたの機会に、この日誌で書いたりするかも知れません。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索

りゅうたまラインナップ
  • ミンストレル
  • マーチャント
  • ハンター
  • ヒーラー
  • ファーマー
  • クラフト
  • ノーブル

(C)2007-2015 Atsuhiro Okada all right reserved
忍者ブログ [PR]