忍者ブログ
人は一生に一度胸おどる旅にでる
りゅうたま公式ブログ

こんにちは、イラストレーターの永盛です。
近頃は〆切でバタバタしていて、映画などもあまり見ていなかったのですが。
作業がやや一息ついたため、話題の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版・序」を先日
見てきました。
「ラミエルが良い」という感想をしばしば耳にしていたので、どう良いのかが
気になっていたのですけれど、なるほどこれは噂どおりだ!と大変満足して
帰ってきた次第です。

さて、ラミエルと言えば正8面体。
正8面体と言えば、テーブルトークゲーマー的には面ダイスであります。



TRPGに馴染みがない人にとっては、ダイス(=サイコロ)といえば
あの真四角な形をした6面体の事であり、それ以外の形のダイスという物を
見た事がない・あるいはご存知ない方も多いかも知れません。
また日本製のルールブックではこういう変わりダイスを使うシステムは少ないので、
TRPGをたしなむ方でも、6面以外のダイスをお持ちでない方もいるかと思います。

しかし!
あなたがTRPGを遊ぶ人であれば、周囲に一人くらいはいませんか?
どうせ6面ダイスのみを使うルールでしか遊ぶ機会がないというのに、
一度も実戦投入した事のない4面やら8面やら12面やら20面やらの変形ダイスを、
無意味かつ大量にゴロゴロ死蔵してしまう症候群に取り憑かれた人が!
でもご安心ください。
別に必要ないけど変形ダイスが好きだからつい集めてしまう、
そんな皆様にも心から贈るゲームがこの「りゅうたま」なのです!

……というのは四分の一くらい冗談ですが。
りゅうたまでは、ポピュラーな6面体ダイスだけでなく、変わった形のダイスを
何種類か使うのは事実なのです。

最初は戸惑われるかも知れませんが、こういうダイスはなかなかきれいな
色や質感に作ってある物も多く、使ってみると不思議な楽しさがあるものです。
今まで6面ダイスしか使った事のなかった方も、ぜひりゅうたまで様々なダイスと
仲良くなってみてください。



かく言う私も人の事は言えず、昔から12面や20面のクリスタルダイスを
使いもしないのに趣味だけで持っていたりします。
まあ、りゅうたまで12面や20面のダイスを使うというのは、キャラがけっこう
強くなった段階でないと起きない状況なのですけど…
12面や20面ダイスが好きでたまらない方は、そのくらいのハイレベルキャラを
目指す勢いでプレイしてくださると嬉しいです。

 余談ながら、りゅうたまのルールでは「能力値が全て6」というキャラを作ると
 基本的に6面ダイスしか使わなくて済むPCになります。
 ですがそういうキャラでも特定の条件下で能力値ボーナスがついた場合、時々
 8面ダイスが要る事があるので、1個くらいはラミエルを常時待機させておくか
 もしくは他メンバーの8面ダイスを一時的に強奪などすると良いでしょう。


PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索

りゅうたまラインナップ
  • ミンストレル
  • マーチャント
  • ハンター
  • ヒーラー
  • ファーマー
  • クラフト
  • ノーブル

(C)2007-2015 Atsuhiro Okada all right reserved
忍者ブログ [PR]