忍者ブログ
人は一生に一度胸おどる旅にでる
りゅうたま公式ブログ

どうも初めまして。
りゅうたまのモンスターデータ担当の松川と申します。

TRPGと旅、特に山登りが大好きで、
それが元で、現在「りゅうたま」の制作に参加しています。

りゅうたまのテーマである「旅」も「ドラゴン」も大好きです。
爬虫類も大好きです。
こっそり爬虫類モンスターを増やさないように苦心する毎日です(笑)

皆さん、どうかよろしくお願いします。


今回は、記念すべきりゅうたまブログに初めて寄稿する記事ということで、
りゅうたまお披露目の場となったJGCでの体験セッションの様子を
レポート形式にしてまとめて見ました。



9月1日(日)、JGC3日目の朝9時からセッションは始まりました。

いきなり予約していたプレイヤーさんの一人が来ないで、開始時間が15分ほど
ずれ込むというハプニングはありましたが、
さっそく、りゅうたまの世界観設定から語り始めました。

りゅうたまを説明する中で、りゅうたまの大きな特長の一つである
季節魔法」にはプレイヤーさん達もとても興味を持ってくれた様子で、
製作者側としてはうれしい限り(笑)

季節魔法は春夏秋冬それぞれの特徴を持った個性的な魔法が目白押しです。
中でも、今回は「食物を何でもジャムに変えてしまう」秋魔法・マジックジャムボトル
が大人気でした。

そしてPC(プレイヤーキャラクター)が出来上がった後は、
これまたりゅうたまの大きな特長の一つである、「街作り」に入ります。
実はこの時、内心かなりドキドキしながら説明をしていました。

何せ、この「街作り」にはPCと、そしてプレイヤーの趣向が大きく関わってきます。
初めての人たちと初めて行うセッションで、
どんな街が出来上がるのかは、GM(ゲームマスター)にすら全く想像がつかないのです。
万が一、トンデモない街が出来上がってしまったらどうしよう?

GMとしては「そのトンデモさもりゅうたまの面白さだね~」と、笑って、
そして胸を張って言えるのですが、この体験会の目的である

「りゅうたまの魅力を伝える」

は達成できなくなってしまうかもしれません。

そんな事を考えながらも、街作りは着々と進んでいきます。

今回の街の初期キーワードは
「風が吹く草原」「小麦」「規模は人口100人程度のの3つでした。

これらの初期キーワードをもと、プレイヤーとGMは自分達の旅したい街、
冒険した場所を相談しながら作り上げていきます。

JGC前のテストプレイの時は、風車、オランダ、花畑、香水作りが盛んな街、
著名な人物として調香師などがいる街となったのですが、
今回の街作りでは
「風車」「おいしい水」「ビール」「新酒の季節」ビールの有名な街
ということに決まりました。

やはり、街作りには
プレイヤーさん達の趣味や、
その時のコンディションがもろに反映されていて面白いな~!

と改めてワクワクしてしまいました。
(テストプレイの時は、プレイヤーさん3人のうち2人は女性でした。
 JGCでは全員男性で、そしてどうやらみんなお腹が空いていたらしいです/笑)

そして街作りが終わったところで、いよいよセッション本編に入ります!


(後半へ続く)

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索

りゅうたまラインナップ
  • ミンストレル
  • マーチャント
  • ハンター
  • ヒーラー
  • ファーマー
  • クラフト
  • ノーブル

(C)2007-2015 Atsuhiro Okada all right reserved
忍者ブログ [PR]